スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊芋が放射性核種を除去する?

以下に書く内容はまだ、現時点で私が裏付けを得た情報ではないことを先に断っておきます。

内部被曝の問題についてブログを書いた際、あるロシア人からコメントをもらいました。

コメントの要旨を以下にまとめます。

----------------------------

  最近知りあったロシア人は20年前、砂利の採掘場で働いていたそうだ。

  しらばく後、その採掘場の石にウラン鉱石が混ざっていたことが明らかになった。
  採掘場は閉鎖され、全従業員が検査のため入院した。
  一週間後、彼と彼の友人の2人だけが退院できた。彼らは被曝していなかったのだ。
  彼の話では、彼ら以外の従業員のうち2年以上生き延びた人はいなかったという。

  その理由は、彼が毎朝8時に採れたての菊芋を持って出勤していたからだそうだ。
  菊芋はたまたま彼の家庭菜園に雑草のように生えていて、彼はその味が好きだった。
  彼は職場で自分の菊芋を友人にも分けてあげていたので、友人も食べていたのだが、
  友人が食べていた量は、彼が食べていた量よりは少なかった。

  友人はその後、被曝の影響で肌の色素がなくなっていった。
  いつも肌を焼こうとしていたけれど、ずっと白いままだったという。

  それから20年経った頃、このロシア人は偶然開いた雑誌で、
  菊芋には重金属や放射性核種を除去する作用があるという記事を見つけたという。

--------------------------

またロシアや、現在チェルノブイリがあるウクライナのウェブサイトでは
次のような情報を読むことができます。

  菊芋を摂取する際、菊芋に含まれるペクチンは酸となり、
  その酸が重金属や放射性核種と結合して非水溶性の塩になる。
  その塩は非水溶性のため胃腸の粘膜から吸収されることなく、
  食物繊維の作用で素早く体外に排出される。

  リンゴも多くのペクチンを含むが、リンゴと菊芋の違いは、
  菊芋が地中に含まれる放射線核種および重金属を吸収しない点にある。

  通常時の理想的なペクチン摂取量は1日4gであり、
  放射性の汚染物質の影響下では15~16gである。

----------------------------

その他にも、次のような情報があります。

  ロシア科学アカデミーの野菜・果実栽培科学研究所所長、B.ボルタソフ氏が、
  核廃棄物で汚染された土壌で菊芋を栽培したところ、根茎の部分からも、
  葉の部分からも、放射性物質は検出されなかった。

----------------------------

また他にも、次のようなエピソードもありました。

  菊芋がもつ放射性核種の除去効果については今のところ、科学的な裏付けがなく
  噂レベルのことだと思っているが、
  私は長年、様々な放射性物質を扱っているので実験的に菊芋をずっと摂取してきた。
  これまでに健康診断で問題が見つかったことはまだない。それは労務上の安全が
  きちんと守られた結果なのか、菊芋の効果なのか、定かではないが・・。

----------------------------

いまこれらの情報の科学的裏付けとなる資料を探し集めています。
もしより確定的な情報が見つかれば、また紹介します。

もし事実であれば、被災地の農場で栽培できるのではと思うのですが、
菊芋の作付期間は5月上旬までということです。

なお菊芋の味は、ニンジンとジャガイモの中間のような味だそうです。

日本国内では糖尿病治療等に効果があるということで既に注目されています。

参考になれば幸いです。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。